UQ HOLDER!(8)
UQ HOLDER!(8)
紀伊國屋書店


B015170Q8C
Amazon.co.jp

UQ HOLDER!(7)
UQ HOLDER!(7)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(6)
UQ HOLDER!(6)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(5)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(4)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(3)
UQ HOLDER!(3)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(2)
UQ HOLDER!(2)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(1)
UQ HOLDER!(1)
紀伊國屋書店

2008年03月30日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読むtotal 2260 count

「パンチラ=心の本音のチラ見え」説を検証・11巻91時間目・本音を晒した直後に脱げる千雨

Written By: 川俣 晶連絡先

 「実は作品構造的な心理表現としての必然性があった!? 「ネギま!」でパンツが見えて服が脱げる理由!!」の続きです。

 「パンチラ=心の本音のチラ見え」説の事例検証です。

 といっても、意図して実行したものではありません。

 トイレに行って戻ってくる時に、テーブルの上に積んであったネギまコミックス11巻を開いたところ、いきなり開いたページに事例があって焦ったという話です。

 11巻91時間目では、千雨が学園祭のコスプレコンテストに出場します。そこで、モノローグで自分の心の屈折を全て吐き出した上で、ネギに対して恥ずかしがりながら礼を言います。つまり、かなり本格的に本音をさらけ出します。

 問題はその直後です。

 ネギと小太郎が謎の糸を引くと、あら不思議、千雨の服がバラバラに。盛大に下着姿を晒す千雨……。

 つまり、「本音を見せる=脱げる」という構造が明確に見て取れます。

 更に言えば、このシチュエーションで脱げるシナリオ的必然性は何もありません。それなのに脱げるのです。

14巻の亜子 §

 もう1つ、何気なく気付いた話題を。

 14巻の亜子の出番は多く、しかも着替えシーンや、かなり角度によってきわどいステージ衣装のスカートなどがあるにも関わらず、明確にパンツが見えるシーンは1つもありません。どう見ても、パンツが見えても不思議ではないシチュエーションでも見えません。唯一、ステージ上のナギに対する告白の直前あたりで、かすかに「見えるか?」というコマを1つ見つけられただけです。

 しかし、本音を晒すことができず、最後の最後で直前まで行きながら結局本音を出すことができなかった……という亜子の心情がパンチラと連動しているとすれば、まさにパンツが見えないことが、「告白できなかった=本音を晒すことができなかった」亜子の心情と完全に連動しています。

Facebook

UQ HOLDER

UQ HOLDER!(8)
UQ HOLDER!(8)
紀伊國屋書店


B015170Q8C
Amazon.co.jp

UQ HOLDER!(7)
UQ HOLDER!(7)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(6)
UQ HOLDER!(6)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(5)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(4)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(3)
UQ HOLDER!(3)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(2)
UQ HOLDER!(2)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(1)
UQ HOLDER!(1)
紀伊國屋書店

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20080330172508
サイトの表紙【ネギま!を読む】の表紙【ネギま!を読む】のコンテンツ全リスト 【ネギま!を読む】の入手全リスト 【ネギま!を読む】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.