君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

2009年11月17日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 5690 count

【永南版】京王線高架化都市計画素案説明会

Written By: 川俣 晶連絡先

  • 【永南版】と名打ってはいるが全ての説明会に行っているわけではない。松原小と永南にしか行っていない
  • 私は一切喋っていない。念のため
  • しかし、おおむね分かった気がする
  • 質疑応答の時間から、司会者が口にした時間まで長々と持論をぶって時間を潰した人は、非常にうざかった。要するに、いわゆるプロ市民という人たちだろう
  • 東京都、世田谷区、杉並区、京王電鉄の連名だが、たぶん同床異夢だろう
  • 複々線化と立体化は実際には分離された別問題となっている
  • 立体化は「都市計画区間の変更」「複線のまま高架化」「明大前と千歳烏山に待避線を付ける」から成り立っている
  • 複々線化は「つつじヶ丘と笹塚間に駅の無い地下線(複線)をつくる」から成り立っている
  • あくまで素案の説明会なので、何も決定事項はない
  • 実は永南は最も近いが、自分は通ったことがない。実は一度中に入ってみたかった
  • 永南は「えいなん」と読む。杉並区立永福南小学校のこと。念のため。弟(達)は通っていた

説明会とは何か §

 おそらく説明会とは以下の効能を持っています。

  • 文字通り計画を説明する場である
  • 地元住民の意見を聞きたい
  • 喋らせてガス抜きをさせる
  • 必要な手順のアリバイ作り

 以下の効能を持っていません。

  • プロ市民の意見を聞きたい
  • 持論の発表会
  • 強制力として計画を変更させる

 ちなみに、地下派は必死に会そのものを「持論の発表」で潰そうとしていたように思われます。要するに時間を潰せば会は潰れるという発想です。しかし、実際には潰されなかったし、潰されても計画は進むし、地下派は裁判で勝つしかないでしょう。

説明会の見所は何か §

 いかにして住んでいるだけ、あるいは住民票があるだけのプロ市民に発言させず、本物の市民に発言させるか、というテクニックを少なくとも3点見つけました。

 しかし、書きません。たぶんすぐ忘れると思うので、私に質問しても無駄です。司会者に質問しても無駄でしょう。企業秘密はバラさないでしょう。

説明会の反対運動は何か §

 このへんかな?

  • 外でビラを配る
  • 質疑応答時間を潰す (持論をぶてば簡単に時間をつぶせる。情緒に訴えればもっと簡単)

対立軸 §

 高架派、地下派共に「高架か地下か」を論点にしたいようですが、実際には以下のような状況でしょう。

  • 金を引き出した方が勝者

 ただ、民主党政権が続く限り金が流れる可能性は低そうであり、実際の対立軸は以下にあると思いました。

  • 民主党政権がいつまで続くか

 もし、民主党政権が倒れて自民党が復権すれば自然に金は流れるでしょうが、高架派でしょう。この流れを変えるのはたぶん裁判で勝つことです。

 とはいえ、民主党政権の現時点ではあまり意味のある話ではありません。

怪しいのは誰か §

 そりゃもうほとんどの人が怪しいと思いますよ。主催者側も十分に怪しいです。

 かといって、反論している人たちも十分に怪しい。

主催者側はなぜ怪しいのか §

 いろいろありますが、パス。

反論はなぜ怪しいのか §

 永南の外でもらったパンフレットからすると反論は以下のような論点で行われているようです。

  • 京王線全線地下化は可能→それは技術的にはできるでしょう。そういう話は誰もしていません。誰もしていない話を論点であるかのように強調するのはおかしい話です
  • 沿線住民の立ち退き→昔からそういう話はあります。50年前の話を蒸し返しています
  • 工事期間の長期化→50年待ったのに、今更長期化しても何ら問題ありません
  • 災害時の避難・帰宅路が確保できない→地下のメリットではありません
  • 土地買収が安い→トータルコストで考えないと
  • 首都高速4号線、京王線に分断される地域コミュニティ→既に分断されています。少なくとも高架であれ地下であれ改善されるでしょう
  • 高架下の治安悪化→京王線笹塚の高架や小田急線千歳船橋の高架を見ていますが、悪いという実感はありません
  • 環境悪化→環境と便利さと利益のトレードオフについて考える場で環境だけを突出させるのはいかがなものかと。環境重視なら即座に大型道路と鉄道を撤廃すべきという結論は決まっています。少なくとも「環境」は「怪しげな言葉」のワースト候補です。それを強調するのはまるで「僕らは怪しい人です」と示したい?

 結局、京王線全線地下化などと景気の良いことを言っても金が無ければ絵に描いた餅ででしょう。それとも自分達のポケットから工事予算が出ますか? たとえ貧乏になっても京王線全線地下化してくれますか?

感想 §

 まだ決まっていない話であり、関わっても一円の得にもなりません。

 というわけで、現時点では真面目に関わるだけアホな話だと思います。

 関わり続けられるのはどこからお金をもらっているorもらえる見込みのある人だけでしょう。

Facebook

トラックバック一覧

2009年11月26日「京王線の連続立体交差化・複々線化説明会」行ってきましたFrom: b4log

先日、京王線の連続立体交差化・複々線化説明会などに関する説明会が行われることを書きましたが、今日、区立松沢中学校で行われた説明会に出席してきました。 開始直前に会場である学校に着いたら、地下派の人た... 続きを読む

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2009年
11月
17日
分断される下高井戸という問題
3days 0 count
total 2278 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2009年
11月
15日
淀橋給水所西門?遺構?
3days 0 count
total 4571 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2009年
07月
30日
京王線立体化という問題・高架と地下の問題は我が町の問題だった!!
3days 0 count
total 6657 count
2009年
10月
17日
京王線立体交差問題・上北沢駅と激突する補助215号線・あり得ない下高井戸駅前アクセス道路構想
3days 0 count
total 11107 count
2009年
10月
26日
京王線高架化都市計画素案説明会が開催されるそうだ
3days 0 count
total 10610 count
2009年
11月
11日
【速報版】京王線高架化都市計画素案説明会
3days 0 count
total 5143 count


君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20091117131536
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.