2014年08月30日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983total 2476 count

1983アニメ映画決戦、ヤマト完結編、クラッシャージョウ、幻魔大戦

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

1983春アニメ映画決戦 §

 1983年の春は、超大作アニメ映画3本が激突する。激戦の春だった。

 まず宇宙戦艦ヤマト完結編だ。長期シリーズとなった宇宙戦艦ヤマトがこれで終わるということで、話題性もあり、客が入ることが予想された。

 クラッシャージョウはソノラマ文庫で人気の作家【高千穂遙】の原作に、これまた大人気アニメーター【安彦良和】がアニメーション映画化するという注目作だった。もともと、原作小説の挿絵は安彦良和が描いていて、原作の雰囲気を壊すようなダメなアニメなどはあり得るはずが無かった。しかも、特定のメカなどをデザインする特別な協力者として吾妻ひでお、いがらしゆみこ、いしいひさいち、大友克洋、高野文子、高橋留美子、竹宮惠子、とり・みき、鳥山明、細野不二彦、御厨さと美、和田慎二といったビッグネームが名前を並べていて、人気話題性ともに十分過ぎた。

 幻魔大戦はこれまた人気SF作家平井和正と人気漫画家石森章太郎が作り出した人気超能力バトル作品であり、知名度も人気もバッチリ。しかも、新進気鋭のカドカワが送り出す映画であり、勢いもある。アニメ制作は、銀河鉄道999などで有名なビッグネームのりん・たろうが手がけ、 あの大友克洋も参加し、圧倒的なパワーを発揮しそうなオーラに満ちていた。

決戦の結末 §

 この3つの映画の興行成績は、【幻魔大戦】【宇宙戦艦ヤマト完結編】【クラッシャージョウ】の順番だったと言われる。どれにもそれなりに客は入ったようだ。

 しかしながら、今のこの3本の映画の名前を話題にする者は少ない。

 1981年~1982年の機動戦士ガンダムの劇場3部作や、1984年の風の谷のナウシカはまだ話題として見かけることが珍しくない。しかし、1983年の大決戦を戦ったはずのこの3作品は埋没してしまった感がある。同じりん・たろう監督作でも銀河鉄道999は話題になるが、【幻魔大戦】の名を聞くことは少なく、聞いてもあくまでアニメではなく小説版などである。【宇宙戦艦ヤマト完結編】に言及するのも既にヤマトファンだけだろう。【クラッシャージョウ】に至っては、ネットレンタルであるTSUTAYA DISCASで借りることすらできない(本書執筆時点)。

 なぜだろうか。

 3本とも、話題性も高ければ、挑戦したハードルも高かったはずだ。優秀な人材を集めたことも事実であろうし、そこだけ見れば埋没するようには思えない。

 しかし、実際に見た感想を加味すれば、話題性が低いことは簡単に理解できる。

 要するに3本とも面白くなかったからだ。

 【幻魔大戦】はどうだったのか。

 確かに映像は美しい。途中までは確かに面白い。しかし、結末が原作に比してしょぼすぎる。広がらないのだ。もちろん、超大作の原作の要素を全て映画に取り込めるわけも無い。しかし、いかにも煮え切らない結末になったのは失敗だったと思う。

 【宇宙戦艦ヤマト完結編】はどうだったのか。

 それについては既に述べた通りだ。

 これも、志の高さは分かるものの、結果として出来上がった映画はそれほど面白くない。

 では、【クラッシャージョウ】はどうだろうか。

 実はこれも面白くない。原作の挿絵をずっと描いてきたアニメーターが、原作よりつまらない映画を実際に作ってしまうことができるものだろうか? それは【可能】と答えられる。理由は簡単だ。絵を魅力的に描くアニメーターは、ストーリー作りの教育を受けていないからだ。それは別の専門分野であり、全く別の技能が要求されるからだ。もちろん、原作は面白かった。単純に原作の1エピソードをアニメ化するだけで良かったのではないか、と思ったものだが、そういうことにはなっていない。

抽象的要約 §

 ではこの3本の映画の特徴を抽象的にまとめてみよう。

  • 評価の定まった原作が存在する (ヤマトの場合はシリーズ過去作)
  • 優秀な人材を集めている
  • それにも関わらず、実際の映像は十分とは言えない

 ではこれらの特徴をまとめてみよう。

 それはこういうことだ。

  • 志の高さを末端まで浸透できなかった

 つまり、これは1983年頃のアニメ界で典型的に起こっていた問題だと言える。

 とすれば、事例はこの3本だけではあるまい。

 他にも何か事例を模索してみよう。

【1983年前後に何が起こったのかに続く】

Facebook

アニメクライシス1983

目次 §

2014年09月03日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
エピローグ・越えられない壁の問題
3days 0 count
total 975 count
2014年09月02日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
【番外】コミックに見る超えられない壁の問題
3days 0 count
total 980 count
2014年09月02日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
細田守クライシス・ジブリの出現と終焉の謎
3days 0 count
total 1474 count
2014年09月01日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
ヤマト2199の謎とアニメクライシス21Cの勃発
3days 0 count
total 1067 count
2014年08月31日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
1983年前後に何が起こったのか
3days 0 count
total 1159 count
2014年08月30日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
1983アニメ映画決戦、ヤマト完結編、クラッシャージョウ、幻魔大戦
3days 0 count
total 2476 count
2014年08月29日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
プロローグ・ヤマト完結編とゴーバリアン
3days 0 count
total 898 count
キーワード【 トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
【アニメクライシス1983】の次のコンテンツ
2014年
08月
31日
1983年前後に何が起こったのか
3days 0 count
total 1159 count
【アニメクライシス1983】の前のコンテンツ
2014年
08月
29日
プロローグ・ヤマト完結編とゴーバリアン
3days 0 count
total 898 count
2014年08月30日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983total 2476 count

1983アニメ映画決戦、ヤマト完結編、クラッシャージョウ、幻魔大戦

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

1983春アニメ映画決戦 §

 1983年の春は、超大作アニメ映画3本が激突する。激戦の春だった。

 まず宇宙戦艦ヤマト完結編だ。長期シリーズとなった宇宙戦艦ヤマトがこれで終わるということで、話題性もあり、客が入ることが予想された。

 クラッシャージョウはソノラマ文庫で人気の作家【高千穂遙】の原作に、これまた大人気アニメーター【安彦良和】がアニメーション映画化するという注目作だった。もともと、原作小説の挿絵は安彦良和が描いていて、原作の雰囲気を壊すようなダメなアニメなどはあり得るはずが無かった。しかも、特定のメカなどをデザインする特別な協力者として吾妻ひでお、いがらしゆみこ、いしいひさいち、大友克洋、高野文子、高橋留美子、竹宮惠子、とり・みき、鳥山明、細野不二彦、御厨さと美、和田慎二といったビッグネームが名前を並べていて、人気話題性ともに十分過ぎた。

 幻魔大戦はこれまた人気SF作家平井和正と人気漫画家石森章太郎が作り出した人気超能力バトル作品であり、知名度も人気もバッチリ。しかも、新進気鋭のカドカワが送り出す映画であり、勢いもある。アニメ制作は、銀河鉄道999などで有名なビッグネームのりん・たろうが手がけ、 あの大友克洋も参加し、圧倒的なパワーを発揮しそうなオーラに満ちていた。

決戦の結末 §

 この3つの映画の興行成績は、【幻魔大戦】【宇宙戦艦ヤマト完結編】【クラッシャージョウ】の順番だったと言われる。どれにもそれなりに客は入ったようだ。

 しかしながら、今のこの3本の映画の名前を話題にする者は少ない。

 1981年~1982年の機動戦士ガンダムの劇場3部作や、1984年の風の谷のナウシカはまだ話題として見かけることが珍しくない。しかし、1983年の大決戦を戦ったはずのこの3作品は埋没してしまった感がある。同じりん・たろう監督作でも銀河鉄道999は話題になるが、【幻魔大戦】の名を聞くことは少なく、聞いてもあくまでアニメではなく小説版などである。【宇宙戦艦ヤマト完結編】に言及するのも既にヤマトファンだけだろう。【クラッシャージョウ】に至っては、ネットレンタルであるTSUTAYA DISCASで借りることすらできない(本書執筆時点)。

 なぜだろうか。

 3本とも、話題性も高ければ、挑戦したハードルも高かったはずだ。優秀な人材を集めたことも事実であろうし、そこだけ見れば埋没するようには思えない。

 しかし、実際に見た感想を加味すれば、話題性が低いことは簡単に理解できる。

 要するに3本とも面白くなかったからだ。

 【幻魔大戦】はどうだったのか。

 確かに映像は美しい。途中までは確かに面白い。しかし、結末が原作に比してしょぼすぎる。広がらないのだ。もちろん、超大作の原作の要素を全て映画に取り込めるわけも無い。しかし、いかにも煮え切らない結末になったのは失敗だったと思う。

 【宇宙戦艦ヤマト完結編】はどうだったのか。

 それについては既に述べた通りだ。

 これも、志の高さは分かるものの、結果として出来上がった映画はそれほど面白くない。

 では、【クラッシャージョウ】はどうだろうか。

 実はこれも面白くない。原作の挿絵をずっと描いてきたアニメーターが、原作よりつまらない映画を実際に作ってしまうことができるものだろうか? それは【可能】と答えられる。理由は簡単だ。絵を魅力的に描くアニメーターは、ストーリー作りの教育を受けていないからだ。それは別の専門分野であり、全く別の技能が要求されるからだ。もちろん、原作は面白かった。単純に原作の1エピソードをアニメ化するだけで良かったのではないか、と思ったものだが、そういうことにはなっていない。

抽象的要約 §

 ではこの3本の映画の特徴を抽象的にまとめてみよう。

  • 評価の定まった原作が存在する (ヤマトの場合はシリーズ過去作)
  • 優秀な人材を集めている
  • それにも関わらず、実際の映像は十分とは言えない

 ではこれらの特徴をまとめてみよう。

 それはこういうことだ。

  • 志の高さを末端まで浸透できなかった

 つまり、これは1983年頃のアニメ界で典型的に起こっていた問題だと言える。

 とすれば、事例はこの3本だけではあるまい。

 他にも何か事例を模索してみよう。

【1983年前後に何が起こったのかに続く】

Facebook

アニメクライシス1983

目次 §

2014年09月03日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
エピローグ・越えられない壁の問題
3days 0 count
total 975 count
2014年09月02日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
【番外】コミックに見る超えられない壁の問題
3days 0 count
total 980 count
2014年09月02日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
細田守クライシス・ジブリの出現と終焉の謎
3days 0 count
total 1474 count
2014年09月01日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
ヤマト2199の謎とアニメクライシス21Cの勃発
3days 0 count
total 1067 count
2014年08月31日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
1983年前後に何が起こったのか
3days 0 count
total 1159 count
2014年08月30日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
1983アニメ映画決戦、ヤマト完結編、クラッシャージョウ、幻魔大戦
3days 0 count
total 2476 count
2014年08月29日
トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
プロローグ・ヤマト完結編とゴーバリアン
3days 0 count
total 898 count
キーワード【 トーノZEROアニメ論アニメクライシス1983
【アニメクライシス1983】の次のコンテンツ
2014年
08月
31日
1983年前後に何が起こったのか
3days 0 count
total 1159 count
【アニメクライシス1983】の前のコンテンツ
2014年
08月
29日
プロローグ・ヤマト完結編とゴーバリアン
3days 0 count
total 898 count
【アニメクライシス1983】のコンテンツ全リスト【アニメクライシス1983】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140830091213
サイトの表紙【アニメクライシス1983】の表紙【アニメクライシス1983】のコンテンツ全リスト 【アニメクライシス1983】の入手全リスト 【アニメクライシス1983】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.