君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

2019年05月17日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 460 count

WikiPediaに書いてある大正10年の京王の霊柩電車計画は事実なのか?

Written By: 川俣 晶連絡先

WikiPediaの【霊柩車】の項目に、以下のような記述がある」

1921年(大正10年)になると、当時はまだインターアーバンであった京王電気軌道(現・京王電鉄)に霊柩電車を走らせる計画が浮上した。京王線沿線には多磨霊園があり、京王線から霊園まで既存の道路に軌道を敷設することを想定していたが、大阪同様に都市化の進行とともに自動車が普及し、この計画も実現されなかった。

「京王の霊柩電車なんて聞いたことないよ。貴賓車ならあるけど」

「そうだ。そこで調査を開始した」

「いったいどこからそんな話が出てきたんだ?」

「WikiPediaでは、典拠は【封印された鉄道史】という本だとしている。そこで、それを取り寄せてみた」

「どうだった?」

「確かに、計画があったと書いてある」

「それは事実として承認して良いの?」

「実はこの本、ネットでは間違いが多いと評判が悪い。とても頭から信じられる本ではない。まあ信じられる本でも典拠チェックはするけどな」

「えー」

「とりあえず、駅名を多摩駅と書き間違えている。多磨霊園駅は当時多磨駅だったはずだ」

「更に典拠を調べる必要が出てきたわけだね」

「この本、実は参考文献リストはあるが、注釈がないので具体的にどの本に典拠があるのか分からない。しょうがないのでギャンブルとしてあたりを付けて【増補新版 霊柩車の誕生(朝日文庫)】という本を電子書籍で買ってみた」

「それでどうだった?」

「当たりだ。ほぼ同じことが書いてあった」

増補新版 霊柩車の誕生(朝日文庫) 3 葬式電車の走った街 より

 東京市の都市計画に基き新設さるべき共葬墓地と火葬場は愈旧臘末北多摩郡多摩小金井両村の内三十万坪と決定した……京王電車は同様多摩停留場より分岐し墓地迄新線を延長することになつて居る。尚市では一般の便宜を図り貸切りの葬儀用電車を造り棺と付添人とを載せ其儘墓地迄運転させる予定で(『東京日日新聞』大正一〇年一月一二日付 傍点は筆者)

「京王電車」に支線をひき、市が「葬儀用電車」を運転する、という計画が大正一〇年ころにはあった。では、いったい、この計画は実現されたのか。どれほどのリアリティをもっていたのか。現在の京王帝都京王線「多磨霊園」駅や、西武多摩川線「多磨墓地前」駅などは、この記事と関係があるのか。今のところ、筆者にはよくわからない。京王帝都電鉄でも不明だといっていた。とりあえず、計画の存在を指摘するにとどめておく。

「まさにそれっぽいことがかいてあるね」

「ところが、細部にニュアンスになるとまったく別物だ」

  • 京王は線路を敷くだけで車両は東京市が作成すると読める (これが事実なら、京王に霊柩用車両の話が計画すら全くないことが良く分かる)
  • 主張しているのは大正10年の東京日日新聞であるが、これを読む限りでは根拠不明の曖昧な話である
  • 京王帝都電鉄(当時)でも不明だそうである (おそらく、今はもっと不明)

「つまり、どういうことだい?」

「これは当時も今もいろいろな場所にある特定企業専用の支線のようなものだよ」

「日本製紙物流専用線とか、在日米軍横田飛行場専用線……的な路線だね」

「そう。専用の機関車や貨車があって、本線と接続している特定企業専用の路線。それに類するものだと思うとしっくり来るのではないか」

「線路は京王で作るけど車両はそっちで用意して運用も頼むよ、って感じか」

「しかし、話が流れたのは良く分かるような気がする」

「なぜ?」

「京王はあまりそうい専用路線は作らないからだ」

「えー」

「京王線の長沼の近くまで国鉄から分岐した専用線が来ていたけど、京王は専用線を作らなかったからね」

「流れるべくして流れた話か!」

「取りあえず、京王がそういう路線の免許を出したという話も聞かないし、おそらく条件がいろいろ折り合わず早い段階で流れた計画ではないかと思う」

「いろいろと語られる京王の未成線よりも更に現実味が薄い路線ということだね」

「というわけで結論である」

  • 典拠はおそらく東京日日新聞しか存在しない (もし他にあればぜひ情報を教えて下さい)
  • 本当に計画が存在したのは分からない (新聞は割と虚報を載せる)
  • 計画が本当にあったとしても、WikiPediaや【封印された鉄道史】は少し解釈が走りすぎである。想像で記述の隙間を埋めすぎている
  • 計画が存在するとしても、京王の霊柩電車計画は存在しない。霊柩電車を保有するはずだったのは東京市である
  • 京王が作ったかも知れない支線は、おそらく砂利採取用の支線と大差ない規模で、もし終点の駅施設も霊園側で用意するとしたら特殊な計画は何も存在しなかった可能性もある

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2019年
05月
19日
これは面白い! 【増補新版 霊柩車の誕生】感想
3days 4 count
total 563 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2019年
05月
13日
【電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史】の衝撃と落胆
3days 2 count
total 578 count


君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20190517160050
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.