2004年04月24日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 5099 count

消防博物館・新宿歴史博物館・所蔵資料展 描かれた新宿

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日は新宿歴史博物館消防博物館に行ってきました。

 その理由は話せば長いことながら。

 複数要因によると思われる、ここしばらくの身体の不調、体力低下は著しいものがあります。近所に買い物に出るだけでも、帰り着いたときにへとへとという感じがするのは、かなり厳しいものがあります。それは、単なる小さな仕事の打ち合わせ1つでも、覚悟を決めて出かけていくイベントになってしまうと言うことであり、しかも、何かを間違うと出席できないという可能性もあり得ます。

 そこで、ふと思い出したのが、2年前の入院から退院した直後です。あの時も、体力がとても低下していました。そして、閉じこもってばかりではダメだと思い、かなりの一大決心をして新宿歴史博物館まで行きました。それが、この歴史資料館巡りの最初の行き先でもありました。

 ここに行った理由としては、仕事をしなければならないという口実のために、外出を否定し、閉じこもるばかりというのは良くないだろう、と入院中に反省したこともあります。

 しかし、ここで重要な思い出は、体力の限界を感じながら新宿歴史博物館に行ったという思い出です。

 常設展示を見て回るだけで疲れ、帰る時には本当に体力限界を超えた感じをしながら四ツ屋駅までふらふらと歩き続けた記憶があります。帰り着いた後は、意識がなくなる感じで眠り込みました。

 そこで、もしも、今、もう一度同じ場所に行ったら、同じような疲労感を感じるのだろうか。そんなことを思いました。

 それに加えて、ここらで原点を確認しておくことも価値がある、という考えもありました。

 そんな感じで新宿歴史博物館のサイトを見ると、「所蔵資料展 描かれた新宿 -佐伯祐三「下落合風景」特別公開-」という特別展もやっているところでした。昔の写真は好きですが、昔の絵も気になります。

 そのため、今日は新宿歴史博物館に行くことに決めました。

 経路はもちろん、あの日と同じ経路で歩くことが前提です。つまり、丸ノ内線の四谷三丁目で降りて、新宿歴史博物館に行き、四谷駅まで歩くのです。

消防博物館にも寄る §

 さて、四谷三丁目といえば、かつては技術評論社があった場所です。技術評論社にはしばしば打ち合わせに行きましたが、地下鉄の駅から出るところには、消防博物館という何やら面白げな施設があることに気付いていました。しかし、気になるものの立ち寄ったことはありませんでした。

 今回、どうせ通過する場所だから、ということで、ここにも立ち寄ってみることにしました。

消防博物館消防博物館 [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

 しかし、単なる消防のPR施設だから、ちらっと見れば終わりと思ったのは大間違い。

 非常に見応えがあって、歴史資料館的な側面もちゃんとある立派な内容でした。

 特に良かったのは、江戸時代の町並みの模型です。この手の模型は、比較的良く見かけるものです。しかし、よく見かける模型が、通常状態の建物が並んでいるのに対して、ここの施設が展示している模型は、いままさに延焼阻止のために取り壊しつつある建物なのです。屋根が地面に落ちている状態の建物や、瓦の一部が外れている屋根などが見られます。これは、なかなかユニークで面白いと思います。

 また、消防の格好良さ、というのも再確認しました。

 出撃!マシンロボレスキューという非常に良質で優れたアニメがあるのですが、ここで描かれるレスキューの描写の格好良さが、フィクションではなく、実際の消防の業務の格好良さだと分かったのは収穫でした。

さて、いよいよ新宿歴史博物館 §

新宿歴史博物館新宿歴史博物館 [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

 新宿歴史博物館に到着すると、最初に来たときのことがいろいろと思い出されてきます。

 まず常設展示に行きましたが、今なら他の歴史資料館と比較して見ることができます。質的にも量的にも、かなり良いものだと思います。最初にここを見て、ガツンとやられたのは、とても幸運だったと思います。

 「所蔵資料展 描かれた新宿」の方は、ちょっと期待したのと違う感じでした。

所蔵資料展 描かれた新宿所蔵資料展 描かれた新宿 [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

 新宿の絵、というよりは下落合など、新宿「地域」に属する場所の絵で、まさに新宿という街の過去を期待したことは間違いでした。しかし、絵としては魅力的なものもありました。企画展は無料なので、十分すぎるほど良いものだったと思います。

帰り道 §

 あの日は、確か、帰りに吉野家に入って牛丼を食べたんだよな、と思いつつ吉野家に入ってみましたが。牛丼がメニューにありません。仕方がないので、豚キムチ丼を食べましたが。前に食べた豚丼とはだいぶ味の印象が違いました。やはり、味も随時改良されているような感じを受けます。

 そうして、ふらふら、へとへとになりつつ四谷駅まで歩いたわけですが。

 確かに体力は低下しているものの、結果として、あの当時とは違うことが分かりました。

 体力低下は事実であって、しかも疲れ果てたのは間違いのないことですが。

 それでも、今は底力がある、という感じです。ダウンして終わってしまうのではなく、最低限のところで粘り続ける体力があるのです。

 その限界体力を使って、そのあと新宿のヨドバシでSH900iを買い込んで、引き渡し時間待ちとして喫茶店(ルノワール)で、この文章を書いています。

 そういえば、喫茶店でこの手の文章を書くというのも初体験ですね。いや、書こうとしたことはありますが、集中できずに書けなかったように思います。しかし、今日は、ちゃんと集中して書けたという点で、画期的な経験かもしれません。

 (文章を書いたのはルノワールですが、これを推敲して書き込んでいるのは、帰宅後です)

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2004年
05月
09日
世田谷文学館・池波正太郎の世界展・他
3days 0 count
total 3649 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2004年
04月
11日
森都市未来研究所・イノセンス 都市の情景展・森美術館・六本木クロッシング・クサマトリックス
3days 0 count
total 4459 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
10月
31日
新宿歴史博物館・小泉八雲展
3days 0 count
total 4324 count
2004年
12月
18日
新宿歴史博物館・写真展「記憶のなかの新宿」
3days 0 count
total 4439 count
2006年
12月
02日
千代田区立四番町歴史民俗資料館/新宿歴史博物館 徳川御三家江戸屋敷発掘物語展
3days 0 count
total 8217 count
2007年
03月
03日
新宿歴史博物館・写真展「想い出のあの場所 記憶のなかの新宿vol.2」
3days 0 count
total 3538 count
2008年
01月
05日
新宿歴史博物館 (閲覧室初利用)
3days 0 count
total 3821 count
2008年
03月
16日
新宿歴史博物館・開館20周年記念写真展「新宿風景―1955~1974―」
3days 0 count
total 9880 count
2009年
02月
01日
策(むち)の池・新宿歴史博物館・企画展「新宿風景1975-1989 ~昭和最後の15年~」
3days 0 count
total 5007 count
2009年
08月
01日
新宿歴史博物館・所蔵資料展「地図と絵はがきでみる新宿風景」
3days 0 count
total 3960 count
2010年
11月
20日
新宿歴史博物館・写真展 新宿風景Part1(戦前編)・策の池
3days 0 count
total 4631 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20040424161232
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.