2008年01月05日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 3819 count

新宿歴史博物館 (閲覧室初利用)

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日は、西新宿にあった東京生命球場の位置確定等の目的で、新宿歴史博物館に行ってきました。謎を長引かせると精神的に良くないので。

 その成果は大収穫以上だったと言えます。

 玉川上水下高井戸村分水への興味から派生した助上水から、淀橋浄水場、どこか1階か分からない高層ビル、東京生命球場更には女子プロ野球まで全てが一貫した大きな世界観の一部を構成することが分かりました。実は新宿西部の個人的な歴史観を大きく塗り替えるほどの大事件と言えます。簡単に言えば、新宿の本来の中心は新宿追分(甲州街道と青梅街道の分岐点付近)であり、新宿駅は新宿の西の果ての果てで、そこより西には何もなかった……という世界観の決定的誤りに気付いたということです。

 この件は、整理してから別途まとめて書きます。

新宿歴史博物館

常設展示 §

 常設展示もざっと見ましたが、十二社についての展示も若干有り、興味を持ってみないといかに人は見落とすかを痛感しました。

閲覧室初利用 §

 新宿歴史博物館の2階に上がる階段は、昔からずっと気になっていました。

 しかし、閲覧室を使うために初めて利用しました。

 ちなみに、蔵書のカードを見ていたら淀橋浄水場史もありましたが、窓口の人が席を外していたこともあり、今日の本題ではないこともあり、今日のところは見ないでおくことにしました。

 新宿区史等は自由に閲覧できたので、少し興味の対象について調べてみましたが記載は見つからず。

 他に、昔の新宿の本をちらりと見ていたら、1968年に完成予定の新宿西口の高層ビル街には1本もビルが立っていないから大失敗だ、という記述を見つけました。現状から考えると、驚くような記述ですね。

 結局、閲覧室ではめぼしい情報は得られず、1階の受付で「新宿区地図集」と『「柏木・角筈一目屏風」の世界』を買って帰りました。

交通の問題 §

 丸ノ内線の四谷三丁目ではなく、都営新宿線の曙橋から下車して歩くようになったことで、グッと距離感が縮んだ感があります。京王線から行く場合、実質的に乗り換えの手間が限りなくゼロに近くなったからです。

 ただ、曙橋は急行が止まらないので、その点だけは面倒ですね。笹塚で新線の急行に乗り換えると新宿で更に各駅停車に乗り換えねばなりません。かといって、次の各駅停車は新宿始発だったりすることもあるので、笹塚で次の各駅停車を待つのも非合理的ということもあり得ます。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2008年
01月
11日
下町風俗資料館
3days 0 count
total 4345 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2007年
12月
23日
羽村市郷土博物館・企画展「昭和の水道拡張と玉川上水」
3days 0 count
total 4346 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
04月
24日
消防博物館・新宿歴史博物館・所蔵資料展 描かれた新宿
3days 0 count
total 5091 count
2004年
10月
31日
新宿歴史博物館・小泉八雲展
3days 0 count
total 4320 count
2004年
12月
18日
新宿歴史博物館・写真展「記憶のなかの新宿」
3days 0 count
total 4435 count
2006年
12月
02日
千代田区立四番町歴史民俗資料館/新宿歴史博物館 徳川御三家江戸屋敷発掘物語展
3days 0 count
total 8213 count
2007年
03月
03日
新宿歴史博物館・写真展「想い出のあの場所 記憶のなかの新宿vol.2」
3days 0 count
total 3535 count
2008年
03月
16日
新宿歴史博物館・開館20周年記念写真展「新宿風景―1955~1974―」
3days 0 count
total 9877 count
2009年
02月
01日
策(むち)の池・新宿歴史博物館・企画展「新宿風景1975-1989 ~昭和最後の15年~」
3days 0 count
total 5007 count
2009年
08月
01日
新宿歴史博物館・所蔵資料展「地図と絵はがきでみる新宿風景」
3days 0 count
total 3957 count
2010年
11月
20日
新宿歴史博物館・写真展 新宿風景Part1(戦前編)・策の池
3days 0 count
total 4626 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20080105165712
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.