2006年11月20日
トーノZEROアニメ感想妖逆門total 3141 count

ついに立ち上がった幻風堂の爺さん、彼はいったい何者!?

Written By: トーノZERO連絡先

名シーン(画像公開ポリシー)

三志郎ときみどりの心が重なる。何もかもが狂った世界に囚われるきみどりは、その世界からの脱却を望む。だが、世界そのものが、きみどりを逃がしはしない。赤銅の鬼仮面とは、狂った世界そのものの代理人。

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日の妖逆門の感想。

サブタイトル §

第34話 『きみどりのこころ…』

あらすじ §

 正人は、ずっと病気で寝ていた少年でした。

 しかし、妖逆門参加中は健康になるという特典のおかげで、元気にゲームを行うことができたのでした。

 妖逆門で勝者となった正人は、自分の身体の健康を望もうとします。しかし、古木からしたたり落ちた黒い雫が正人に当たると、正人はずっとゲームを続けると主張します。そして、正人は妖逆門をもっと面白くすると称して、あやかしを戦わせるアイデアを提案します。こうして正人は、最強のプレイヤー、赤銅の鬼仮面となったのでした。

 これで過去を見ることは終わり、現代に戻ります。

 ねいどはきみどりと同じものであることが明らかになります。

 三志郎は正人に戦いを挑みますが、敗北します。

 正人はきみどりと、同行を希望した修を連れて去ります。三志郎は最強の魔王にならねばならないと正人は言います。

 幻風堂の爺さんは幻風堂で立ち上がります。

感想 §

 今回の正人の説明は、一見して筋が通っているように見えますが、実は1つだけ大きな穴があります。それは、幻風堂の爺さんが何者か、全く説明できていないことです。

 ということは、正人の説明は正しくないという可能性もあり得ます。

 それは、正人の説明に「違う」と異議を唱えるきみどりの態度に、実は深い意味があることを示唆します。

 そして、この疑問に直接応えてくれるかのように、エンディングの後のシーンで幻風堂の爺さんが立ち上がって歩き始めるシーンが。

 正人が語った「真実」が更に覆っていく展開もあり得そうですね。

今回の一言 §

 こうして見ると、実は正人も被害者という可能性が出てきましたね。しかし、もしもゲームが終わってしまったら正人はどうなるのでしょう? 病気で死んでしまう? 三志郎がゲームの勝者になった場合の結末はそうなる?

Facebook

このコンテンツを書いたトーノZEROへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノZEROに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノZEROへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノZEROよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20061120235107
サイトの表紙【妖逆門】の表紙【妖逆門】のコンテンツ全リスト 【妖逆門】の入手全リスト 【妖逆門】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノZERO連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.