2004年03月27日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 2592 count

トニーたけざきのガンダム漫画 トニーたけざき 角川書店

Written By: 川俣 晶連絡先

 これは奇跡的な大傑作マンガであると思います。

 おそらく、ガンダムの漫画、という言葉から受ける印象をかなり裏切る内容ではないかと思います。このような奇跡を目の当たりにすることができることを、神に感謝するとひょうげんしても、過大とは言えないでしょう。

絵の上手さ §

 ともかく絵が上手いです。それも、通常のオタク好みの女の子を上手く描けるというタイプではなく、ストレートに上手いのが特徴です。それは、単純にアニメのガンダムの絵とそっくりに描けるという意味ではありません。きちんと、アニメで省略されたディティールを補ったり、デザインのバランスを変えたり、描き方を工夫したり、下手をすると本家を超える上手さがあります。

 それでいて、お笑いを見せてくれるのだから、これはもう奇跡です。

 めちゃめちゃ上手い絵でグッと引き込んでから、笑いの世界に連れ込むことで、読者は大きな落差で大きな笑いを得られます。

ネタの深さ §

 ガンダムを相当見ていないと印象に残らないようなエピソードがネタとして使われているのが凄いですね、下手をすると普通のマニアの同人誌よりも、濃い世界かもしれません。しかし、かつてガンダムを見た者ならちゃんと分かるように、上手く構成されていますね。あるいは、ネタが分からなくても、ノリだけで笑えたり。

笑いのツボ §

 更に、笑いのツボが実に的確です。

 これはもうお笑いのセンスという他ないですね。

 たとえば、超量産型モビルスーツ・サクの構造説明が、安物のプラスチックモデルの組み立て説明図のようなノリになっているのは、まさにツボにはまった笑いですね。

芸のバリエーション §

 その上、見せてくれる芸のバリエーションも多いので、飽きさせません。特に、自分で作ってしまった赤いザクレロのプラスチックモデルなど、とても面白いです。

この世代のこの人種がかならずはまるマンガか? §

 この本は、おそらくもっと売れると思います。ある種の世代のある種の人種であれば、これを夢中になって読む可能性は非常に高いと思います。連載誌であるガンダムエースを手に取らない人たちに、徐々に浸透して売れていくのではないか、という予感を感じさせます。

注: Amazon.co.jpに、まだこの書籍の情報が入っていないようで、下記部分は執筆時点でエラー状態になります。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2004年
03月
28日
バカの壁 養老孟司 新潮新書
3days 0 count
total 2324 count
【感想編】の前のコンテンツ
2004年
03月
26日
ガンダムエース 5月号 角川書店
3days 0 count
total 1983 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040327003915
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.