2005年01月09日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 3405 count

江戸東京博物館・大(Oh!)水木しげる展

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日は江戸東京博物館大(Oh!)水木しげる展に行ってきました。

 なぜ行ったのかと言えば。このサイトのコンテンツに関する議論をしたい人への中で、議論したければ「豆腐小僧双六道中ふりだし」を読め、とまで言ってしまっている立場上、こういうイベントは外せないなぁと思っていました。しかし、開催期間が残り僅かなので、無理に時間を作って行ってきました。

江戸東京博物館江戸東京博物館 [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

大(Oh!)水木しげる展大(Oh!)水木しげる展 [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

イベントの印象 §

 混みそうだという予感があったので、早めの時間(午前中)に速攻で行きました。最悪の人出ではないものの、展示を見るのに不自由するだけの人数はいました。

 最初の行列である≪水木しげる人生絵巻≫は並んで見ましたが、あとはかなり飛ばしながら廻りました。とりあえず、読むのに時間が掛かるマンガの掲示は、多くの人出が予想される展示会にあっては愚策だと思います。

 とはいえ、けっこう面白いものが見られたのも事実です。

 あと、人魂の天ぷらの立体造形物「など」が展示してあったのはどうでしょう。一般ウケするイベントとしてはありでしょうが、文化的学術的な興味で史料を見るような態度には合わない気も。まあ、このイベントの性格が、一種のゴージャス妖怪エンターテイメントという気もするので、これでも良いという気がしますが。そういう意味で、江戸時代の本物の妖怪画が展示してあったのは非常にゴージャスで良いと思います。

脱写実というコンテキスト §

 水木さんというのは、いくらでも遠近法を使った写実的な絵が描ける人だということが良く分かりました。

 そして、今になってハッと良く分かることがあります。

 それは、comic新現実 Vol.2に掲載された大塚英志さんの「おたく文化の戦時下起源・試論」という記事で述べられている『「おたく文化」は戦時下に発生した技術である』という主張との関連です。遠近法を使った写実的な表現とは戦時下において兵器設計という軍事目標に貢献するとして奨励された技術であるとすれば、水木さんがそこから逸脱した新しい表現を確立していくことは必然的な流れと言えるかもしれません。それが本当に良いことかどうかは私には分かりませんが。ということは、水木さんはおたくという言葉が生まれる前から、ポストおたく表現を開拓していたと言えるのかも知れません。

京王線調布駅の改札から出てくるゲゲゲの鬼太郎 §

 調布の図書館の発行する雑誌の表紙を水木さんが描いているそうで、それを並べて展示してありました。その中で、特にグッと来たのが京王線調布駅の改札から出てくるゲゲゲの鬼太郎というイラストです。こんな身近に良く知った場所に、ゲゲゲの鬼太郎がいるというイメージは鮮烈な印象でした。凄く良かったです。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2005年
01月
23日
西新宿定点撮影写真展
3days 0 count
total 2494 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2005年
01月
03日
初詣まわり・下高井戸八幡神社・富岡八幡宮・深川不動・門前仲町の火の見櫓
3days 0 count
total 5521 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
03月
29日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
豆腐小僧双六道中ふりだし 京極夏彦 講談社
3days 0 count
total 2478 count
2004年
04月
16日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
豆腐小僧双六道中ふりだし 京極夏彦 講談社
3days 0 count
total 3045 count
2004年
05月
02日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
心理学化する社会 斎藤環 PHPエディターズグループ
3days 0 count
total 2891 count
2004年
05月
02日
このサイトについて
このサイトのコンテンツに関する議論をしたい人へ
3days 0 count
total 3169 count
2007年
03月
19日
トーノZEROアニメ感想妖逆門
クールに行こうぜ! 世界を守る戦いの後に行われるのは、単なる子供のかくれんぼ!?
3days 0 count
total 2770 count
2011年
04月
20日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
クルト・ゲーデルとジャック・ラカン
3days 0 count
total 3660 count
2011年
05月
01日
トーノZERO映画感想
感想・映画「豆富小僧」
3days 0 count
total 3758 count
2011年
05月
08日
江戸東京博物館・特集展「豆腐小僧あらわる!」「オイレンブルク伯爵のみた幕末の江戸」
3days 0 count
total 3285 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20050109154329
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.