2011年05月01日
トーノZERO映画感想total 3762 count

感想・映画「豆富小僧」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「どうたい? 豆腐小僧は面白かったかい?」

「ずばり聞くなあ」

「どうなんだい?」

「褒めるべき美徳はいくつも上げることができるが、全体としては焦点がぼやけた映画になってしまった感がある」

「なぜだい?」

「船頭が多すぎて船が陸に上がってしまったのだろう」

「もっと具体的に頼むよ」

「京極夏彦の豆富小僧あるいは京極妖怪の多数派の特徴と言っても良いのだけど、それは「実在しない」が「ある」ということだ。妖怪とは概念なのだ。たとえ見えてしまうことがあるとしてもね」

「うん」

「でも、日本初の3D上映用長編アニメーションとしては、見えるものを描く必要がある。見えないものは3Dで描いても意味ないからね」

「見えないものは、映像として飛び出してこないわけだね」

「しかし、日本初の3D上映用長編アニメーションとしては、京極クラスのビッグネームの原作を必要としたんだろう。結果として3すくみで身動きが取れない中、煮えきれない映画ができてしまった」

「もう少し具体的に頼むよ」

「妖怪は概念上の存在であるという原作を尊重する描写は多い。袖を引かれることで出現する袖引き小僧などだ。行為の解釈として、妖怪が感得されるだけだ。しかし、行為抜きで生き物としての妖怪がいつまでも生きているという感じの描写もある。生きていて、人間を驚かせることが妖怪の仕事であると言ってしまうのだ。こういう、不思議な生き物としての妖怪描写はむしろ水木妖怪だ」

「水木妖怪ならみんな知ってるね」

「そうだ。水木妖怪と京極妖怪は違う。いくら京極先生が水木先生を尊敬していても、それとは別の話だ」

「別の話なのか」

「そうだ。別の話なのだ。しかし、とても多くの関係者が関わった結果として、おそらくその違いを分かっていない人がかなり関わったのでは無いかと思う」

「そうか。そこが映画として一貫しない原因だね」

「その一因は、水木妖怪が『日本に昔からいる不思議な生き物』として妖怪を創作してしまった点にある」

「昔からいるのに、創作してしまったの?」

「実際には、昔からいなかったのだ。しかし、昔からいるという来歴ごと創作してしまったのだ」

「そうか。歴史は後からいくらでも創作可能ということだね」

「すると非常に困ったことが起きる」

「それはなんだい?」

「水木妖怪を知ることと、妖怪を知ることはイコールとして解釈されてしまい、他の解釈が弾き出されてしまう人が出てしまうことだ」

「それはかなり痛いね」

「だからさ、豆腐小僧を読め、とは昔から言うけど実際に読んだ人は本当に少ない。ほとんと皆無と言っていい」

「面白い妖怪小説でしか無いなら、読まなくても分かるから読まなくていい、ってことだね」

「そうだ。テレビ付ければ鬼太郎を放送していて、それを見て『ああ楽しかった』と思った過去があるからそれで十分だというのだろう」

「でも、それじゃ、ちっとも前に進まないじゃん」

「そうさ。進まないんだ」

「いやな予感がしてきたぞ」

「その予感は正しい。豆腐小僧は、基本的に妖怪と人間は相互に干渉できない世界観であるが、この映画はかなり干渉し合ってしまう。しかし、干渉できないという描写もある。そこが煮え切らない印象を残してしまう」

良い点を探せ §

「でも、美徳はあるのだろう?」

「人間の傲慢さが大自然にしっぺ返しを食らうのはいいね」

「いいのか」

「それも最後に狸の陰謀に還元されてしまうのはアレだけど」

「そうか」

「あと東京の描写は凄くいいぞ」

「そんなに?」

「緑も見えない無機質なビルの群れから高速道路に並ぶ自動車群、スカイツリー。その上からの眺めもいい」

「そうか」

「でも、もっと凄いのは古い街並みを走り抜けるところ」

「どんな風に?」

「コンクリート板暗渠の古い、元水路とおぼしい道を走ったり、道ばたに大きな石あるいはコンクリートの板を並べた排水路があったりする。今時の蓋じゃない。古い蓋。あのへんの描写は、あえて暗渠ハンターとして言うと、最高だ。あそこが最高の見せ場だった」

「そうか」

「あと、3D映画の定番。エンディングのスタッフロールにいろいろ出てきて、目を楽しませてくれる」

その他 §

「観客の入りはどうだった?」

「封切り直後のGWにしては、かなりまばらであったな。まあ9:15からという早い時間の上映という点は割り引くべきだろうが、今ひとつ客は入っていなかった感じだ」

「その点はどうなんだろうね?」

「可愛い豆腐ちゃんで家族客や子供客が集めやすいGW商戦で商売をするという狙い目はすべった気がするな。どちらにしても、結局豆腐小僧というのはそういう原作では無い。豆腐を持って立っているだけの小僧の妖怪が、可愛いからというだけの理由で客を呼べると思うのは間違いだろう。原作はそこから深い思索の世界に降りていくが3Dで見せるものでもない」

「思索を深めても、それは飛び出さないってことだね」

「ベクトルとしてはむしろ逆になる」

「本来の豆腐小僧の立ち位置って何だろう」

「映画なら、妖怪大戦争で、単に豆腐を持って立っているのがいいところではないだろうか。それが、ただ単に豆腐を持って立っているだけの妖怪の正しい立ち位置だ」

「なるほど。小豆は身体にいいわけですね」

「そうだ、ゴミを捨てるときは気をつけろよ」

「他には?」

「実は始めてマイ3Dメガネ持参で見に行ったが、鮮明度は落ちていた。可能なら毎回100円払って新しいメガネをもらって見た方がいいかもしれない。意外と大切に保存したつもりでも傷とか汚れが付いている」

「判断が難しいね」

「ああ、難しい。差額100円は節約した方がいいのか非常に微妙だ」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2011年
05月
19日
感想・映画「昼顔」
3days 0 count
total 2328 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2011年
04月
26日
感想・映画「GANTZ PERFECT ANSWER」【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 7889 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
03月
29日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
豆腐小僧双六道中ふりだし 京極夏彦 講談社
3days 0 count
total 2482 count
2004年
04月
16日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
豆腐小僧双六道中ふりだし 京極夏彦 講談社
3days 0 count
total 3051 count
2004年
05月
02日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
心理学化する社会 斎藤環 PHPエディターズグループ
3days 0 count
total 2894 count
2004年
05月
02日
このサイトについて
このサイトのコンテンツに関する議論をしたい人へ
3days 0 count
total 3170 count
2005年
01月
09日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
江戸東京博物館・大(Oh!)水木しげる展
3days 0 count
total 3409 count
2007年
03月
19日
トーノZEROアニメ感想妖逆門
クールに行こうぜ! 世界を守る戦いの後に行われるのは、単なる子供のかくれんぼ!?
3days 0 count
total 2772 count
2011年
04月
20日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
クルト・ゲーデルとジャック・ラカン
3days 0 count
total 3663 count
2011年
05月
08日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
江戸東京博物館・特集展「豆腐小僧あらわる!」「オイレンブルク伯爵のみた幕末の江戸」
3days 0 count
total 3288 count
2011年
07月
27日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
京極夏彦がヤマトを語るケースとは
3days 0 count
total 2562 count
2015年
11月
25日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
豆腐小僧双六道中おやすみ本朝妖怪盛衰録 (怪books), 京極 夏彦, 角川書店(角川グループパブリッシング)
3days 0 count
total 1069 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20110501125853
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.