2018年11月20日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 704 count

現地調査で考察する東京朝顔園の終焉

Written By: 川俣 晶連絡先

 東京朝顔園の推定位置である東京都世田谷区北烏山1丁目58の現地を見てきました。

 その結果、いろいろ分かってきました。

  • 西側の道路の歩道は明らかに水路跡である。水を多く使う東京朝顔園には好ましい立地だっただろう
  • 東側の杉並区側正面には、玉川上水に直結する道路があって便利が良い。この道はもともと存在していたようだ
  • 宅地化が進行し、水路の農業用水から下水への転換が進むと東京朝顔園としては朝顔用の清浄な水の確保が難しくなることを意味する
  • 宅地化が進んだという記述は朝顔抄にもある
  • 多摩川周辺はまだ宅地化が進んでおらず、多摩川に近いので水も豊富だった
  • 東京朝顔園の移転は環境の変化に伴う必然だったのではないか

 残された疑問は以下の点です。

  • 東京朝顔園行きのバスはどの道を通ってどこから入ってきたのか。放射5号線が存在しない当時、このあたりを通過する大きな道はまだ存在しない。その代わり玉川上水がまだあるので、そこは通過できない。必ず橋を通るはずである
  • 実は、東京朝顔園行きのバスは東京朝顔園そのものには行っておらず、近くのどこかまでしか運行していなかった可能性も考慮する必要があるか?

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2018年
12月
05日
京王風土記1入手で見えてきた野猿峠ハイキングコースの謎の答
3days 2 count
total 663 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2018年
11月
20日
朝顔抄と京王五十年史で二説ある京王百花苑成立の謎
3days 3 count
total 493 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2018年
11月
17日
1953年から世田谷区北烏山に存在した【東京朝顔園】とは何か
3days 1 count
total 411 count
2018年
11月
18日
【朝顔抄 花とともに六十年 尾崎 哲之助】を閲覧して分かった【東京朝顔園】の詳細
3days 5 count
total 414 count
2018年
11月
19日
永福朝顔園の位置がおおまかに特定される・そしてまた出たキリスト教
3days 2 count
total 392 count
2018年
11月
20日
発見・昭和30年頃の京王の沿線案内には東京朝顔園がある・そして浮上するバスの謎
3days 3 count
total 458 count
2018年
11月
20日
朝顔抄と京王五十年史で二説ある京王百花苑成立の謎
3days 3 count
total 493 count
2018年
11月
23日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
京王フローラルガーデンアンジェ
3days 0 count
total 376 count
2019年
03月
07日
【東京菖蒲苑】と似て非なる【菖蒲(あやめ)園】の発見・これが京王百花苑の正しい歴史だろうか?
3days 0 count
total 466 count
2019年
04月
28日
京王百花苑内の朝顔苑の正確な位置が判明
3days 2 count
total 345 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20181120112956
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.