9784198100087
Amazon.co.jp


B000066IT8
Amazon.co.jp


B00005R5J9
Amazon.co.jp


バロン : 猫の男爵
紀伊國屋書店


B00008WI78
Amazon.co.jp

2011年01月26日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典劇場アニメ2000年代total 2782 count

猫の恩返し

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

スタッフ §

  • 公開 2002年7月20日
  • 原作:柊あおい(『バロン - 猫の男爵』(徳間書店、2002年3月、ISBN 4-19-770088-1)より)
  • 企画:宮崎駿
  • 監督:森田宏幸
  • 脚本:吉田玲子
  • 音楽:野見祐二
  • キャラクターデザイン・レイアウト:森川聡子
  • 作画監督:井上鋭、尾崎和孝
  • 作画監督補:稲村武志、山森英司、田村篤、山下明彦
  • 動画チェック:坂本豊、中込利恵、大西綾、藤井香織
  • 動画協力:スタジオコクピット、アニメTOROTORO、ラジカル・パーティー
  • 美術監督:田中直哉
  • 色彩設計:三笠修
  • 仕上検査・色指定:林留美子、山崎紀代美
  • 特殊効果:榊原豊彦
  • 撮影監督:高橋賢太郎
  • 編集:内田恵(瀬山編集室)
  • 編集助手:武宮むつみ
  • 録音演出:林和弘
  • 整音:住谷真
  • 効果:野口透(アニメサウンド)
  • フォーリー:帆苅幸雄、丹雄二、北田雅也、岡瀬昌彦
  • フォーリーミキサー:井上秀司
  • フォーリー収録:東宝サウンドスタジオ(両角佳代子)
  • 録音スタジオ:東京テレビセンター(今泉武、岩名路彦)
  • 光学録音:上田太士
  • デジタル光学録音:西尾曻
  • ドルビーフィルム・コンサルタント:森幹生、河東努
  • dtsマスタリング:中山敦子、相川敦
  • キャスティング・プロデュース:PUG POINT・JAPAN(畠中基博、安直美、佐藤あゆみ)
  • 音響制作:KiKi
  • 音楽制作マネージメント:岸健次郎、久松有子
  • レコーディングエンジニア:大野映彦
  • ミュージックエディター:大野直子
  • 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:熊谷弘
  • 音楽収録:東京オペラシティ コンサートホール
  • 音楽制作:スタジオジブリ(稲城和実)
  • タイトル:真野薫、マリンポスト
  • 制作プロデューサー:田中千義
  • 制作デスク:出口秀男、居村健治
  • 制作進行:神村篤、望月雄一郎、清川良介
  • ポスプロ担当:古城環、津司紀子
  • 演出補佐:齋藤純也、今井靖、泉津井陽一
  • 監督助手:鶴岡耕次郎
  • 制作業務担当:野中晋輔
  • 制作業務デスク:川端俊之
  • プロデューサー補:石井明彦
  • 広報:西岡純一、鵜飼由美子、白木伸子
  • 渉外:荒井章吉
  • 音楽著作権:長井孝
  • キャラクター商品開発:今井知己、浅野広一、井筒理枝子
  • 出版:田居因、筒井亮子、渋谷美音
  • 管理担当:島宮美幸
  • 協力:創芸、デジデザイン・ジャパン、D-REC、山﨑文雄、新井紀乃、吉田純哉、笹木信作
  • 特別協力:ローソン
  • 宣伝プロデューサー:伊勢伸平
  • 特別顧問:徳山雅也、矢部勝
  • 予告編製作:ガル・エンタープライズ(坂垣恵一)
  • 海外プロモート担当:スティーブン・アルバート、武田美樹子、網崎直
  • 「猫の恩返し」製作委員会:徳間書店、日本テレビ放送網、博報堂、三菱商事、東宝
  • 製作担当:奥田誠治、藤巻直哉
  • 現像:IMAGICA(タイミング:平林弘明、フィルム・レコーディング:豊谷慎吾、柴田祐男、本間政弘、カラー・マネジメント・システム:遠藤浩平、山井哲也、フロント業務:鈴木優子、志村由布子、ラボ・マネジメント:川又武久)
  • 制作協力:高橋プロダクション、T2Studio、テレコム・アニメーションフィルム、D.R MOVIE、スタジオ・ファンタジア
  • 制作:スタジオジブリ
  • 製作:松下武義、氏家齊一郎、星野康二、宮川智雄、相原宏徳、高井英幸
  • 製作プロデューサー:鈴木敏夫、高橋望
  • 配給:東宝

 WikiPediaより

概要 §

 「耳をすませば」の主人公が書いた小説の物語という設定の映画。なので、続編であり、共通の人形が登場するにも関わらず、主人公は一致していません。

感想 §

 ジブリにしては珍しい宮崎高畑以外の監督作品。しかも、「耳をすませば」の接ぎ木なのに、監督が違います。話も連続していません。

 しかし、かなり面白いですよ、これは。ネコになってはいけない人間の主人公なのに、ネコになってもいいかもと言ってネコになりかかるとか。最高のボケキャラです。

 ネコのムーンもいい。ざっくばらんだけど本当はけっこう面倒見が良く、最後の最後で凶悪な本性を見せてくれるし。

Facebook

キーワード【 トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典劇場アニメ2000年代
【2000年代】の次のコンテンツ
2011年
01月
27日
ハウルの動く城
3days 0 count
total 1915 count
【2000年代】の前のコンテンツ
2011年
01月
25日
劇場版 NARUTO -ナルト- 大興奮! みかづき島のアニマル騒動だってばよ
3days 0 count
total 1802 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2006年
08月
25日
トーノZEROアニメ感想時をかける少女《細田守監督版》
「耳をすませば」と「時をかける少女」にこれだけある共通要素
3days 0 count
total 3911 count
2008年
03月
18日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
『本を読む子供はよい子か悪い子か』からネギま!という作品の特質を紐解いてみる
3days 0 count
total 4132 count
2010年
07月
21日
川俣晶の縁側歴史と文化ドボク系
映画・耳をすませばのドボク系的な再検証
3days 0 count
total 2903 count
2011年
02月
08日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典劇場アニメ1990年代
耳をすませば
3days 0 count
total 1978 count
2012年
11月
09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
感想・アオバ自転車店へようこそ「瞳こらせば The Movie」
3days 0 count
total 1980 count
2016年
01月
25日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
聖蹟桜ヶ丘駅から京王永山駅まで散歩できるか?
3days 0 count
total 1589 count
2016年
06月
08日
トーノZEROアニメ雑記
「耳をすませば」の舞台になった東京都の聖蹟桜ヶ丘が「完全に寂れた」
3days 0 count
total 1086 count
2016年
11月
18日
トーノZERO映画感想
感想・映画「猫の恩返し」
3days 0 count
total 720 count
2017年
01月
27日
トーノZERO映画感想
感想・映画「耳をすませば」(何回目か)
3days 0 count
total 644 count


9784198100087
Amazon.co.jp


B000066IT8
Amazon.co.jp


B00005R5J9
Amazon.co.jp


バロン : 猫の男爵
紀伊國屋書店


B00008WI78
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20110126082947
サイトの表紙【2000年代】の表紙【2000年代】のコンテンツ全リスト 【2000年代】の入手全リスト 【2000年代】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.