アオバ自転車店へようこそ! 2
アオバ自転車店へようこそ! 2
紀伊國屋書店

茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
Used ¥ 914
New ¥ 3,024
Amazon.co.jp

茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
Used ¥ 798
Amazon.co.jp

耳をすませば [Blu-ray]
耳をすませば [Blu-ray]
Used ¥ 4,180
New ¥ 5,826
Amazon.co.jp

耳をすませば [DVD]
耳をすませば [DVD]
Used ¥ 2,450
New ¥ 3,995
Amazon.co.jp

2012年11月09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1748 count

感想・アオバ自転車店へようこそ「瞳こらせば The Movie」

Written By: 川俣 晶連絡先

「ジブリの耳をすませばという映画は、過去に以下の検証を行っている」

「それで?」

「その結果、以下の2つの傾向が見えてきた」

  • 目立つ部分では創作が多い (図書館は存在しない。地球屋も存在しない。両開きの5000系は存在しない、雫の地元にあのような駅は存在しない)
  • ところが、些細な細部は驚くほど実際の聖蹟桜ヶ丘周辺に忠実 (団地や送電線の位置など)

「そうか。雫の部屋の窓から見える送電線で団地の場所を推定したのだよね」

「しかし、まだ甘かった」

「というと?」

「二人乗りした天沢聖司の自転車だ」

「は?」

「アオバ自転車店へようこそ 2巻の「瞳こらせば The Movie」を読んで知ったのだ、具体的なモデルとして固有の車種があるらしい。しかも、変速機のギアの有無まで意味を持つらしい」

「えー。タイトルが違うじゃないか」

「そこは突っ込むな」

「それは確かに凄いね」

「それだけじゃない」

「まだあるのかよ」

「アンダルシアの夏まで言及されている」

「は?」

「作画監督はこんな映画まで監督していると書いてあるのだ。とても詳しい」

「アンダルシアの夏って何?」

「『茄子 アンダルシアの夏』。ヨーロッパの自転車レースの映画。チーム優勝のための犠牲になるはずだった主人公が、事故でチームメイトがみんなこけて、優勝を目指してゴールに突っ込む映画だ」

「詳しいね」

「ロードショー時に劇場で見たからな」

「えー。君が自転車の映画を見るとは」

「驚くようなことかな」

「面白かった?」

「ああ。本当に番狂わせで思いがけない展開になって面白かったぞ」

天沢聖司の解釈論 §

「実は、天沢聖司の解釈も変わってきている」

「というと?」

「多摩丘陵はやたら坂が多くてきついのだ。ギア切り替えもできない自転車で走るのはかなりきついと思われる。まして豚猫ムーンを後に乗せて走っているケースさえある」

「見てきたように語るね」

「見てきたんだよ。聖蹟桜ヶ丘は見ただけだが、多摩丘陵の他の場所では歩いたことがある。歩いても坂がきつかった。それを歩いて体験してきた。地図で近いからといって、この経路を選んだことを後悔した」

「ひ~」

「ということはだね。そこを自転車で走る少年はかなり根性があると思っていい。むしろ、苦労をあえて背負い込むタイプかもしれない」

「根性があるからなんだというのだ?」

「だからさ。クレモナに行って修業をしてみたい、などと言い出すのは浮ついた夢を見るための方便では無く、あえて苦労を背負い込む根性かもしれない」

「それは好ましい若者ということ?」

「同世代の共感を得られにくいとも言える」

「ぎゃふん」

雫の解釈論 §

「とすれば、『人と違う道は大変だぞ』と言われながらもその道を進もうとする雫も解釈可能だ」

「聖司とバランスを取るには、そこまでの困難を背負う必要があるわけだね」

「でも背負えなかった」

「そこはキャラの欠陥?」

「いや、若いのだから背負えなくて当たり前。そこは作品の誠実さだろう」

アオバ自転車店論 §

「それにしても、こんなに濃い耳すまコミックを、まさかこんなところ見ることになろうとは」

「ノーマークだったわけだね」

「コミケに出てくるマニアよりも下手をすれば濃いよ」

「嬉しい悲鳴?」

「最近読むのをやめたコミックもけっこうあるが、アオバ自転車店シリーズは読んでいて良かった」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2012年
11月
17日
暗殺教室 1 (ジャンプコミックス), 松井 優征, 集英社
3days 0 count
total 1168 count
【感想編】の前のコンテンツ
2012年
11月
05日
感想・「究極戦隊コウガマン劇場版3D」
3days 0 count
total 2021 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2006年
08月
25日
トーノZEROアニメ感想時をかける少女《細田守監督版》
「耳をすませば」と「時をかける少女」にこれだけある共通要素
3days 0 count
total 3559 count
2008年
03月
18日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
『本を読む子供はよい子か悪い子か』からネギま!という作品の特質を紐解いてみる
3days 0 count
total 3791 count
2010年
07月
21日
川俣晶の縁側歴史と文化ドボク系
映画・耳をすませばのドボク系的な再検証
3days 0 count
total 2574 count
2011年
01月
26日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典劇場アニメ2000年代
猫の恩返し
3days 0 count
total 2451 count
2011年
02月
08日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典劇場アニメ1990年代
耳をすませば
3days 0 count
total 1762 count
2016年
01月
25日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
聖蹟桜ヶ丘駅から京王永山駅まで散歩できるか?
3days 0 count
total 1338 count
2016年
06月
08日
トーノZEROアニメ雑記
「耳をすませば」の舞台になった東京都の聖蹟桜ヶ丘が「完全に寂れた」
3days 0 count
total 837 count
2017年
01月
27日
トーノZERO映画感想
感想・映画「耳をすませば」(何回目か)
3days 0 count
total 480 count
2012年11月09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1748 count

感想・アオバ自転車店へようこそ「瞳こらせば The Movie」

Written By: 川俣 晶連絡先

「ジブリの耳をすませばという映画は、過去に以下の検証を行っている」

「それで?」

「その結果、以下の2つの傾向が見えてきた」

  • 目立つ部分では創作が多い (図書館は存在しない。地球屋も存在しない。両開きの5000系は存在しない、雫の地元にあのような駅は存在しない)
  • ところが、些細な細部は驚くほど実際の聖蹟桜ヶ丘周辺に忠実 (団地や送電線の位置など)

「そうか。雫の部屋の窓から見える送電線で団地の場所を推定したのだよね」

「しかし、まだ甘かった」

「というと?」

「二人乗りした天沢聖司の自転車だ」

「は?」

「アオバ自転車店へようこそ 2巻の「瞳こらせば The Movie」を読んで知ったのだ、具体的なモデルとして固有の車種があるらしい。しかも、変速機のギアの有無まで意味を持つらしい」

「えー。タイトルが違うじゃないか」

「そこは突っ込むな」

「それは確かに凄いね」

「それだけじゃない」

「まだあるのかよ」

「アンダルシアの夏まで言及されている」

「は?」

「作画監督はこんな映画まで監督していると書いてあるのだ。とても詳しい」

「アンダルシアの夏って何?」

「『茄子 アンダルシアの夏』。ヨーロッパの自転車レースの映画。チーム優勝のための犠牲になるはずだった主人公が、事故でチームメイトがみんなこけて、優勝を目指してゴールに突っ込む映画だ」

「詳しいね」

「ロードショー時に劇場で見たからな」

「えー。君が自転車の映画を見るとは」

「驚くようなことかな」

「面白かった?」

「ああ。本当に番狂わせで思いがけない展開になって面白かったぞ」

天沢聖司の解釈論 §

「実は、天沢聖司の解釈も変わってきている」

「というと?」

「多摩丘陵はやたら坂が多くてきついのだ。ギア切り替えもできない自転車で走るのはかなりきついと思われる。まして豚猫ムーンを後に乗せて走っているケースさえある」

「見てきたように語るね」

「見てきたんだよ。聖蹟桜ヶ丘は見ただけだが、多摩丘陵の他の場所では歩いたことがある。歩いても坂がきつかった。それを歩いて体験してきた。地図で近いからといって、この経路を選んだことを後悔した」

「ひ~」

「ということはだね。そこを自転車で走る少年はかなり根性があると思っていい。むしろ、苦労をあえて背負い込むタイプかもしれない」

「根性があるからなんだというのだ?」

「だからさ。クレモナに行って修業をしてみたい、などと言い出すのは浮ついた夢を見るための方便では無く、あえて苦労を背負い込む根性かもしれない」

「それは好ましい若者ということ?」

「同世代の共感を得られにくいとも言える」

「ぎゃふん」

雫の解釈論 §

「とすれば、『人と違う道は大変だぞ』と言われながらもその道を進もうとする雫も解釈可能だ」

「聖司とバランスを取るには、そこまでの困難を背負う必要があるわけだね」

「でも背負えなかった」

「そこはキャラの欠陥?」

「いや、若いのだから背負えなくて当たり前。そこは作品の誠実さだろう」

アオバ自転車店論 §

「それにしても、こんなに濃い耳すまコミックを、まさかこんなところ見ることになろうとは」

「ノーマークだったわけだね」

「コミケに出てくるマニアよりも下手をすれば濃いよ」

「嬉しい悲鳴?」

「最近読むのをやめたコミックもけっこうあるが、アオバ自転車店シリーズは読んでいて良かった」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2012年
11月
17日
暗殺教室 1 (ジャンプコミックス), 松井 優征, 集英社
3days 0 count
total 1168 count
【感想編】の前のコンテンツ
2012年
11月
05日
感想・「究極戦隊コウガマン劇場版3D」
3days 0 count
total 2021 count
【感想編】のコンテンツ全リスト【感想編】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2006年
08月
25日
トーノZEROアニメ感想時をかける少女《細田守監督版》
「耳をすませば」と「時をかける少女」にこれだけある共通要素
3days 0 count
total 3559 count
2008年
03月
18日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
『本を読む子供はよい子か悪い子か』からネギま!という作品の特質を紐解いてみる
3days 0 count
total 3791 count
2010年
07月
21日
川俣晶の縁側歴史と文化ドボク系
映画・耳をすませばのドボク系的な再検証
3days 0 count
total 2574 count
2011年
01月
26日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典劇場アニメ2000年代
猫の恩返し
3days 0 count
total 2451 count
2011年
02月
08日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典劇場アニメ1990年代
耳をすませば
3days 0 count
total 1762 count
2016年
01月
25日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
聖蹟桜ヶ丘駅から京王永山駅まで散歩できるか?
3days 0 count
total 1338 count
2016年
06月
08日
トーノZEROアニメ雑記
「耳をすませば」の舞台になった東京都の聖蹟桜ヶ丘が「完全に寂れた」
3days 0 count
total 837 count
2017年
01月
27日
トーノZERO映画感想
感想・映画「耳をすませば」(何回目か)
3days 0 count
total 480 count

アオバ自転車店へようこそ! 2
アオバ自転車店へようこそ! 2
紀伊國屋書店

茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
Used ¥ 914
New ¥ 3,024
Amazon.co.jp

茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
Used ¥ 798
Amazon.co.jp

耳をすませば [Blu-ray]
耳をすませば [Blu-ray]
Used ¥ 4,180
New ¥ 5,826
Amazon.co.jp

耳をすませば [DVD]
耳をすませば [DVD]
Used ¥ 2,450
New ¥ 3,995
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20121109223041
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.