2015年08月26日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 715 count

世田谷駅には、千鳥配置になる前があった!?

Written By: 川俣 晶連絡先

「これはショックだ。既に世田谷線のホーム配置の変遷は、時期の曖昧さは残すもののだいたい分かったつもりでいた。しかし、更にもう1つあったらしいのだ」

「つまりなんだい?」

「竣工時の世田谷駅は、下高井戸寄りの対向式ホームであった可能性が出てきた」

「現在とは踏切に対して位置が違うわけだね」

「そのことはもう1つ重大な問題を提起する」

「それはなんだい?」

「初期には千鳥配置が主流だったが、後から改められたという仮説に当てはまらない」

「君の考察は?」

「そうだな。世田谷駅は下高井戸方に渡り線があることから、終点駅として想定されていたのではないだろうか」

「なんで?」

「世田谷区役所最寄り駅なんだ。ここまで来る客が多いと想定しても不思議ではない。一部の列車はここで折り返しだ」

「終点駅なら、向かい合った配置でもおかしくないわけだね」

「そう。とすれば更に考察ができる」

「と言うと?」

「世田谷駅までと、そこから先では運行形態がおそらく違う」

「そこから下高井戸までは本数が減っちゃうわけだね」

「そうだ。だから世田谷駅までは本線。そこから先は支線みたいな感じだろう」

「上町では無く?」

「当初は上町が世田谷という名前であり、そこが終点と想定されていたのだろうが、あとから変更されたのだろう」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2015年
09月
06日
自転車で神奈川に立つ
3days 0 count
total 505 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2015年
08月
09日
更なる衝撃・調布市厳島神社の謎
3days 0 count
total 854 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2010年
04月
04日
世田谷線の若林駅で気になること
3days 0 count
total 1860 count
2010年
04月
05日
世田谷線宮の坂駅移動の話
3days 0 count
total 2560 count
2010年
04月
07日
世田谷線の駅移動の話・一応のまとめ
3days 0 count
total 1872 count
2010年
04月
07日
滝坂道を走るバス路線があったらしい
3days 0 count
total 2611 count
2010年
04月
08日
世田谷線・山下と上町の駅も移動しているという疑惑が発覚
3days 0 count
total 3138 count
2010年
04月
08日
世田谷線は不自然である疑惑
3days 0 count
total 1883 count
2010年
04月
08日
山下駅の研究・これは一筋縄では行かないか
3days 0 count
total 1818 count
2010年
04月
09日
世田谷線前史のまとめ
3days 0 count
total 2649 count
2010年
04月
09日
山下駅の研究・上下線が同じ位置とは限らない
3days 0 count
total 1972 count
2010年
12月
19日
水路跡発見と世田谷駅移動の必然性
3days 0 count
total 1946 count
2015年
03月
29日
玉電山下は2度死ぬ・山下駅2回移動疑惑の勃発
3days 0 count
total 685 count
2015年
04月
24日
玉電山下は2度死ぬ・山下駅2回移動疑惑の勃発【解決編】
3days 0 count
total 893 count
2015年
07月
08日
山下駅移動問題は前田問題に派生した・玉電の前田駅はどこにあったのか?
3days 0 count
total 772 count
2015年
07月
09日
玉電上町駅のホーム移動問題に、決着らしいものが付いてきた
3days 0 count
total 814 count
2015年
07月
19日
山下のホーム配置について・かなりの決着編
3days 0 count
total 652 count
2015年
07月
22日
山下駅の移動問題のおそらく決着らしいものの図示
3days 0 count
total 704 count
2015年
08月
02日
上町駅の1回目のホーム移動の時期が推測可能になった
3days 0 count
total 664 count
2015年08月26日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 715 count

世田谷駅には、千鳥配置になる前があった!?

Written By: 川俣 晶連絡先

「これはショックだ。既に世田谷線のホーム配置の変遷は、時期の曖昧さは残すもののだいたい分かったつもりでいた。しかし、更にもう1つあったらしいのだ」

「つまりなんだい?」

「竣工時の世田谷駅は、下高井戸寄りの対向式ホームであった可能性が出てきた」

「現在とは踏切に対して位置が違うわけだね」

「そのことはもう1つ重大な問題を提起する」

「それはなんだい?」

「初期には千鳥配置が主流だったが、後から改められたという仮説に当てはまらない」

「君の考察は?」

「そうだな。世田谷駅は下高井戸方に渡り線があることから、終点駅として想定されていたのではないだろうか」

「なんで?」

「世田谷区役所最寄り駅なんだ。ここまで来る客が多いと想定しても不思議ではない。一部の列車はここで折り返しだ」

「終点駅なら、向かい合った配置でもおかしくないわけだね」

「そう。とすれば更に考察ができる」

「と言うと?」

「世田谷駅までと、そこから先では運行形態がおそらく違う」

「そこから下高井戸までは本数が減っちゃうわけだね」

「そうだ。だから世田谷駅までは本線。そこから先は支線みたいな感じだろう」

「上町では無く?」

「当初は上町が世田谷という名前であり、そこが終点と想定されていたのだろうが、あとから変更されたのだろう」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2015年
09月
06日
自転車で神奈川に立つ
3days 0 count
total 505 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2015年
08月
09日
更なる衝撃・調布市厳島神社の謎
3days 0 count
total 854 count
【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト【下高井戸周辺史雑記】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2010年
04月
04日
世田谷線の若林駅で気になること
3days 0 count
total 1860 count
2010年
04月
05日
世田谷線宮の坂駅移動の話
3days 0 count
total 2560 count
2010年
04月
07日
世田谷線の駅移動の話・一応のまとめ
3days 0 count
total 1872 count
2010年
04月
07日
滝坂道を走るバス路線があったらしい
3days 0 count
total 2611 count
2010年
04月
08日
世田谷線・山下と上町の駅も移動しているという疑惑が発覚
3days 0 count
total 3138 count
2010年
04月
08日
世田谷線は不自然である疑惑
3days 0 count
total 1883 count
2010年
04月
08日
山下駅の研究・これは一筋縄では行かないか
3days 0 count
total 1818 count
2010年
04月
09日
世田谷線前史のまとめ
3days 0 count
total 2649 count
2010年
04月
09日
山下駅の研究・上下線が同じ位置とは限らない
3days 0 count
total 1972 count
2010年
12月
19日
水路跡発見と世田谷駅移動の必然性
3days 0 count
total 1946 count
2015年
03月
29日
玉電山下は2度死ぬ・山下駅2回移動疑惑の勃発
3days 0 count
total 685 count
2015年
04月
24日
玉電山下は2度死ぬ・山下駅2回移動疑惑の勃発【解決編】
3days 0 count
total 893 count
2015年
07月
08日
山下駅移動問題は前田問題に派生した・玉電の前田駅はどこにあったのか?
3days 0 count
total 772 count
2015年
07月
09日
玉電上町駅のホーム移動問題に、決着らしいものが付いてきた
3days 0 count
total 814 count
2015年
07月
19日
山下のホーム配置について・かなりの決着編
3days 0 count
total 652 count
2015年
07月
22日
山下駅の移動問題のおそらく決着らしいものの図示
3days 0 count
total 704 count
2015年
08月
02日
上町駅の1回目のホーム移動の時期が推測可能になった
3days 0 count
total 664 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150826224928
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.